悲しいのは僕

更新日:2020年12月22日


君は悲しい

君は悲しい年老いた塀

でも君は本当は少し幸せ

役目を終えた満足感で

君は本当は少し幸せ

本当に悲しいのはこの僕

君は壊される

でも本当に壊されるのは僕の思い出

父や母やたくさんの友達との

喜びや悲しみやたくさんの青春の思い出

君は年老いた塀

でも君は賢い塀

君は知っている

多くの時が流れて、たくさんの思い出が生まれては消えていったことを

でも君は涙を流さない

賢い君は知っている

それが時間だと言うことを

僕は悲しい

時間はすべてを押し流すから

僕の思い出を押し流すから

僕は悲しい

でも君は教えてくれる

時が変わっても変わらないものがあることを

今日も子供達が君の前を通って学校に向かう

子供達の笑顔とはじけるような元気は昔とちっとも変わっていない

悲しいのは僕

でも今僕はすこしだけ幸せ

閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示