君は悲しい

更新日:2020年10月25日


君は塀

君は年老いた塀

小さな田舎町にある家の塀

その家で僕は生まれ育った


戦争のころは5家族が住んでいた家

君は家を護った

君は家族を守った

今日もいつものように子供たちが君の前を通って学校に通う

彼等の笑顔とはじける元気は昔からちっとも変わってない

でも人数はずっと減った

君は子供たちを護ってきた

だってきみは優しくて暖かい心の持ち主だから

でも君は悲しい

皆が君は危険だって言ってるから

君は危険なんかじゃない

だってきみは優しくて暖かい心の持ち主だから

君は皆を守ってきた

君は誰も傷つけてない

でも皆は言う 君の仲間の一人が遠くの町で子供を傷つけたって

僕にはわかる 君が言いたいのが

あれは彼のせいじゃないって

でも君は黙っている

君は危険な塀

皆が言っている

僕は君を壊さなければならない

僕は知っている 君が悲しんでいることが

でも君は黙っている

僕は知っている 君が賢くて暖かい心の持ち主であることを

僕を許して欲しい 君を壊さなければならない僕を

多くの時が流れた

戦争は終わった

家族は町に帰った

残ったのは僕の家族だけ

もうひとつの時が過ぎた

僕と弟は町に出て行った

残ったのは僕の父と母

やがて父が死に

そして母も

残ったのは誰もいない 年老いた塀以外は

そして家の新しいご主人がやってくる

君にはわかっている

自分の役目が終わったことを

新しい家族を守るのは新しい塀でなければならないことを

賢い君にはわかっている

君は賢い塀

君は悲しい塀

TG

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示